topimage

2014-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イージス艦あたご - 2014.04.29 Tue

4月の26日と27日に大阪港にイージス艦あたごが寄港したので見に行ってきました。
26日はマルロクヨンフタ、いや、6時42分に大阪港に潜入し、あたご入港を出迎えましたよ。
寄港理由は、表向きは一般公開との名目ですが、おそらくは横須賀から舞鶴に帰る途中休憩なのではと思っております。
遠いですからね…。舞鶴部隊は大変です。
あたごキター!

さて、入港し8時頃に着岸したあたごを出迎えた我々一般人に、広報の方からサプライズなサービスをしてくれました!
なんと!一般公開は13時からの予定でしたが「出迎えて下さったココにいる方達だけ特別に今から艦内を公開いたします」と。
「一人500円でいいですよ」と笑いを誘うことも忘れない。
我々は拍手しながら感謝!
イージス艦の間近まで接近したところで一旦停止。
乗艦するためのタラップを取り付けたり手摺りに網を儲けたり、もう安全でしょ…と思ったところからさらに焦らすあたり自衛隊。
隊員も「皆さんの安全のための作業なので今しばらくお待ち下さい」と。

まるでどこか近くの国のアホな沈没船とは大違いですね。

そしてついに特別公開開始!いざ乗艦!
時刻は8:30だったか9:00だったか忘れました。
出迎えた面々の中でボクが一番最初に乗艦したー!タラップの取り合い心理戦を制してやった。

「おはようございます」
艦内では隊員達が13時からの公開に向けて忙しい準備中にもかかわらず、嫌な顔せず我々を優先し敬礼して出迎えてくれた。
それに対する感謝と、常日頃日本という最高な国を守り続けて下さってる隊員達に敬意を表して敬礼!
「おはようございます!よろしくお願いします」

一般公開に行かれたことがある人は分かると思いますが、基本的には乗艦して道順に進んで、質問があればそこここに立ってる隊員に話しかける。
バカ話でもいい。世間話でもいい。
だけどこの特別公開はお偉いさんらしき人が丁寧に説明しながらあちこち見せてくれました。
通路、甲板、階段、艦橋・・・。



ボクの好きな武装のCIWS(シウスと呼びます)を間近で撮影。

毎分4500発の弾丸が飛びます。

機密なので本当のことは教えてくれないけど、実際5000発くらいは出るのかな?

主砲。砲身下がれ!親父の頭に当たれ!なんて考えちゃいけませんよ。


まぁしかし階段は狭いし傾斜がキツい。階段を何度も折り返し登ると艦橋に到着。建物の6階に位置する。それが楽しい。見晴らしいい。



艦長席!

とり舵=左、おも舵=右
これ基本ですから覚えて下さい。


近年は自衛隊人気が高まったこともあり、また、大阪にイージス艦が来るということもありめちゃくちゃな人数が来ました。
小さな子は、あのコナンが乗艦したイージス艦ということもあって「ここ見たことある」とか言ってましたね。

二日目も見に行ったんですが、到着した時点で300mほどの列ができてました。
普段なら長いと感じますが、先日横須賀基地にて行われた護衛艦カレーグランプリの2km以上にも及ぶ行列を知ると300mなんてどうってことない。まるで人がいない田舎そのもの。

二日目は前部甲板で初日に特別公開の案内係をしてくださった方とお会いしたので昨日のお礼を。
「昨日は特別公開ありがとうございました。めちゃくちゃ嬉しかったです。今日は艦橋は開放してないんですね?」
「はい。すみません。午後の出港準備に入ってまして。昨日も午後から人が多すぎて途中から艦橋立ち入り禁止にしたんです」
こればかりは仕方ないことです。
ただただラッキーだっただけ。

蓋が開いてミサイル発射するところ。



左舷に立っていた若い隊員を捕まえて「横須賀の護衛艦カレーの帰りでしょ?舞鶴まで大変ですね」と伝えたところ「そうなんです。なんで我々まで…。舞鶴出てもう一ヶ月ですよ?カレー優勝できなかったし」とスネてましたw

乗艦待ちの人の苦痛を少しでも紛らすため数名の隊員が手旗信号やラッパ演奏してましたが、手旗信号が意思疎通できてなくて面白かった。
罰として腕立て100回ですね。

舞鶴の部隊といえば日本海を見張るヒーローなんですよ。
将軍様がミサイル発射したら迎撃態勢をとる必要があって、やはり近いだけあって舞鶴が率先しなきゃいけない。
でも、物々しい船とはいえ隊員達と触れ合って改めて分かったことは、最も戦争に近い存在でありながら最も戦争反対の人間であるということ。
現場の人間達だからこそ、我々一般人が理想郷振りかざして戦争反対などと安い言葉を口から放り出すよりずっと重く大切に思ってるんですよね。
率先して人を殺したい人間がいたとしても、率先して死にたい人間なんていないと思う。
自衛隊は専守防衛。
平和団体、反戦団体が専守防衛の自衛隊を批判するのであれば、平和団体や反戦団体の望み通り攻撃的組織を作ればいい。
核ミサイルも保有して圧倒的な力で制圧すればいい。

さて、二日目の27日は15時に出港です。
11:30に一般公開が終わりましたが、出港を見送ろうとする人がとても多かった。みんなイージス艦あたごが好きなんだなぁ。
ボクだってあたごは三番目に好きな艦艇なんですよ。
一番は同じ舞鶴を母港とするイージス艦みょうこう。
二番はまだ微妙ではあるものの、これまた舞鶴の護衛艦しらね。
もうすぐしらねサンは引退しちゃいます。だけど、いずもという名の大きな艦が舞鶴に交代で来ます。海上自衛隊最大の船。ほぼ空母!

あ、イージス艦ってのも結局は護衛艦ですよ。
イージスシステムを搭載した護衛艦でイージス艦。

15時の出港で大阪港が寂しくなりました。汽笛が響いて帽振れして湾から出ていくたくましい姿をみんないつまでも見送ってました。

もしかしたら平和団体が抗議に来るかもしれないからか警察も数名来てましたが、いかんせん本物の平和なイベントなので警察も暇そうにしながらイージス艦を眺めて写真撮ってて面白かった。

大阪港にイージス艦って今回が初めてかな?
次はいつ来るかわかりませんが、もしお近くの港や基地でイベントに参加できる機会があるなら参加されてみてはいかがでしょうか。

戦争なんて反対です。
だから必要なんです。自衛隊という世界で愛されてる組織が。なぜかカ◯コクとチュウ◯クが自衛隊批判してますがね。

そういえばオバマ大統領がアジア旅行でフィリピンに米軍を派遣すると決めたとのこと。
米軍といえば沖縄でも悪さして嫌われてますが、悲しいかな必要なんですよね。
事件起こすなら出ていってほしいけど悲しいかな必要なんです。
フィリピンも昔米軍に対して出ていけと訴え、実際出ていったところ中国の嫌がらせを受けてしまい、なんと米軍返ってきてくれという声が出てたんですね。
それで今回米軍がフィリピンに復活するということでフィリピンの軍事ジャーナリストも喜んでました。
沖縄でも米軍反対運動がありますが、実は沖縄人は米軍肯定派が多い。テレビの影響で沖縄人=米軍嫌いのイメージが有りますが、違います。
沖縄で米軍反対運動してる大部分が中国や韓国の人間と、それらに平和という嘘を吹き込まれた一部の沖縄以外の日本人。
沖縄から米軍が撤退すると中国が圧をかけることは目に見えてる。でも、それ以上に沖縄人の生活が難しくなる。米軍相手に商売してる人が多く、そんな彼らは無職になる。

オバマさんが尖閣は日本のものだとはっきり言った。今後アジア情勢がどうなるかわからんけど、正直このままなら戦争になっても日本は負ける気がする。
アメリカがどこまで力を貸してくれるかわからない。
そう考えると「自衛隊が国民から指示されるようではいけない」と言った名言を思い出す。
自衛隊が国民からチヤホヤされるのは災害や戦争など有事であるから。
もしかしたらその有事に近づいてるのかなとも少しは思います。
単に愛されて人気が出てるだけであってほしいと願いたいが。

先日は輸送艦おおすみが年寄りの操舵する船と衝突して連日テレビでは自衛隊が100%悪いとさらてましたが、実は全く悪くなかったと知るや報道は打ち切り。テレビだけの情報で生きる人には改めて自衛隊=悪と印象付けされましたね。見事にマスコミの思惑通り。
このあたごも漁船と衝突し、とにもかくにも自衛隊が悪いとされましたが、一審も二審も無実でした。でも無実の報道なんてほとんどなく。
そんなアホな船が近寄らないように海上警備は右往左往。
変な船が近寄れば撃ち沈めればいいんだよ。批判されるからできないけど…。
長くなりましたが、イージス艦あたごの入港および出港を見れてよかったです!
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

tac

Author:tac
執筆者tacです。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (161)
アイテム (2)
Apple (29)
iPhone (11)
iPhoneアプリ (14)
iPhoneホーム画面 (4)
Android (6)

月別アーカイブ

コメント

最新トラックバック

当ブログ記事検索

tacの呟き

リンク

御来訪

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。